【重要】WordPressのSEO面で最適なパーマリンクの設定とは?

パーマネントリンクとは?


こんにちは!ほしいろ@hoshiiro_blogです。

ブログを始める時のwordpress初期設定で初めにこれを知ってから記事を書けば良かったのですが、投稿した後に全部の記事URL変更し、やり直すはめに・・・

失敗しました・・・これもいい勉強ですね・・・(泣)

パーマリンクって何?

これです。↓

hoshiiro.comパーマネントリンク

数字ベースだと(hoshiiro.com/blog/archives/123)のようになります。

これだと、サイトのユーザビリティを損なってしまうし、検索エンジンも一つひとつのページの内容やサイトの構造を理解し辛くなってしまうそうなのです! ガーン(T_T)

そこで今回は、サイトを作る時に最初に絶対にやっておいたほうがいいWordPress のパーマリンクの設定方法と、どのようなパーマリンクが最適なのかをご説明します。

パーマリンクとは

パーマリンクとは、各ページに対して与えられているURLの末尾部分のことです。

パーマネントリンクPermanent Link)の略で、ページが増えても変わることのないリンクであることから、固定リンクとも呼ばれます。

WordPress で「投稿」機能や「固定ページ」機能を使ってページを作ると、そのページのURLは、” https://hoshiiro.com/?p=123 ” のように数字と記号の組み合わせで表示されています。

この URL のうち、末尾の「 ?p=123 」の部分がパーマリンクです。

このように意味のない数字と記号の組み合わせのパーマリンクだと、サイトのユーザビリティの面でもSEOの面でも若干の悪影響が出てしまうようです。

そこで、WordPress をインストールしたら最初にパーマリンクを変更しておく必要があります。

その前に、まずは、なぜデフォルトの状態のパーマリンクだと良くないのか説明します。

なぜそのままのパーマネントリンクではダメなのか

それは、googole先生がこのように言っているからだそうです!

シンプルな URL 構造を維持する

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1 のような URL 自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。

URL では区切り記号を使うと効果的です。http://www.example.com/green-dress.html という URL の方が、http://www.example.com/greendress.html という URL よりずっとわかりやすくなります。URL にはアンダースコア(_)ではなくハイフン(-)を使用することをおすすめします。

特に複数のパラメータを含む URL など、過度に複雑な URL は、サイト上の同じまたは同様のコンテンツを表す多数の URL を不必要に作成し、クロールの際に問題が生じることがあります。その結果、Googlebot で必要以上に帯域幅を消費したり、サイトのすべてのコンテンツをインデックスに登録できないことがあります。

googleが推奨するシンプルなURL

 

数字やIDではなく意味のある単語が使用されたシンプルなもの人間が理解できるものと言ってますね。

日本語の記事タイトルのままだと文字化けしてしまうので、

英語の意味を持ち、ー(ハイフン)で区切る事が重要

という事になります。

https://hoshiiro.com/blog/%3mb9=? ではなく

https://hoshiiro.com/blog/how-to-setup-wp-seo-permalink/

この方がいいんですね!

SEO的にベストなパーマネントリンクとは

SEO的ベストなパーマリンクは以下の2パターン。

1.http://example.com/カテゴリー名/記事タイトル
(例 https://hoshiiro.com/wordpress/how-to-setup-permalink)

2.http://example.com/記事タイトル
(例 https://hoshiiro.com/how-to-setup-permalink)

ユーザビリティやSEO的に、1の方が理想的なパーマリンクです。

なぜなら、1のパーマリンクを見ると、そのページが、サイトの WordPress のカテゴリーに属する記事の一つだということを理解できるから。

つまり、ユーザーも検索エンジンも、サイトの構成がどのようになっているか理解することができます。

2のURL にはそこまでの機能性はないです。

そこで、全員に1のパーマリンクをおススメしたいところのですが、運用面を考えると、後になってデメリットが生ずる場合があります。

それは、カテゴリー構造を変えたい場合です。

1のパーマリンクだと、カテゴリーを変えた時に、そのカテゴリーに属する記事のURLが変わってしまうことになります。

URLが変わると、当然、それぞれの記事についているソーシャルボタンや数字もリセットされてしまいます。

このように、パーマリンクは一度設定したら後から変更するとURLが変わってしまうので大変です。

ユーザビリティの面やSEOの面で望ましいのは1ですが、実際の運用を踏まえて、将来的に発生しうる変更に対応できる2のパーマリンクを設定でも大丈夫です。

WordPressのパーマリンク設定方法

それでは、WordPress のパーマリンクの設定方法をご紹介します。

ダッシュボードの左サイドメニューから

「設定 → パーマリンク設定」とクリックすれば、パーマリンク設定画面の「カスタム構造」にチェックを入れて、入力欄に「/%postname%」と入力します。

パーマリンクポストネーム

今日わかったことログ

googleが推奨しているパーマネント設定のやり方がわかりました。

URLが全部変わってしまったので、0からやり直します・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です